自戦記【将棋ウォーズ】2018090601

嬉野流の出だしで、角と銀をお互い手持ちにして▲4六角と飛車を狙った位置に角を打ち込まれました。 ここでの正着は、△8五飛が唯一の正解手です。 ここで、先手の手としては、 ①9一角成 ②8八金 ③8六銀 ④7六金 の手が考えられます。 9一角成 9一角成には、△8九歩成と桂馬を取っ ‥‥

「自戦記【将棋ウォーズ】2018090601」の続きを読む

自戦記【指導対局】2018082901 四枚落ち

5五歩止めの対応 本来2枚落ちの定跡の銀多伝に組みたかったのですが、5五歩止めでこられました。 先生は、△3四歩と桂馬を狙ってきましたが、こちらの狙いは? まずは、5五の地点を争点としたいので、▲6六銀△同銀▲同角△3五歩としました。 ▲6六銀に△7六銀は5五のポイントが薄くなる ‥‥

「自戦記【指導対局】2018082901 四枚落ち」の続きを読む

自戦記【将棋ウォーズ】2018082701

原始中飛車相手に、鳥刺しで迎えた局面です。 第1回目のチャンスがやってきました。 ここでは、同角が正着だったようです。 その後、△同銀▲4一銀△4三角▲5二銀でこちら有利   そこから進み、角をぶつけられてこの局面。 相手の△3九角成▲同金△5八飛成が激痛だったので、▲ ‥‥

「自戦記【将棋ウォーズ】2018082701」の続きを読む

自戦記【将棋ウォーズ】2018081003

袖飛車を受けきりこの局面となりました。 相手の寄せをスルスル逃げなければなりませんが、逃げ間違えました。 正解は、▲6七玉△6六銀成▲7八玉△6七金▲6九玉 この状態で、▲3一龍の詰めろがかかっていました。 先手:将棋は飲み物 後手:お相手 将棋盤あ 初戻る進む終 0手

「自戦記【将棋ウォーズ】2018081003」の続きを読む

自戦記【将棋ウォーズ】2018081002

角換わりとなった将棋ですが、イマイチよくわからないまま負けてしまいました。 この局面では、△4九角が正しかったようです。 そのあと、△2七銀、△2七角成をが狙いですが、 このあと解析してみてもあまり良くなる印象はなかったです。 角換わりはまだまだ勉強が必要です。 先手:相手 後手 ‥‥

「自戦記【将棋ウォーズ】2018081002」の続きを読む

自戦記【将棋ウォーズ】2018081001

この局面から、有力な候補手どれにも手がかからなかったのが痛恨の極みです。 △6九角成としてから、△3九銀〜△2八金もしくは、△5七歩としてから、△3九銀〜△2八金 何れにせよ、飛車を殺す手を見逃していたのは良くなかったです。 本日の棋譜 先手:相手 後手:将棋は飲み物 将棋盤あ ‥‥

「自戦記【将棋ウォーズ】2018081001」の続きを読む

羽生善治永世七冠の講演会の記事から強くなる方法を考えた

羽生善治永世七冠がプロのよみ、指し手を決めるプロセスについて語っている記事があり、参考になりましたのでご紹介いたします。 ■どう決めるか  羽生棋聖によれば、将棋は対局開始の時点で30通りの選択肢がある。対局が進むと平均約80まで増えるが、棋士はそれを1秒にも満たない「直感」で2 ‥‥

「羽生善治永世七冠の講演会の記事から強くなる方法を考えた」の続きを読む

激指4で考える駒落ち

今回は、駒落ちについて考察してみたいと思います。 今回使用するソフトは、激指4 定跡道場 検討の方法については、定跡を使用しない。 手合については、古典的な8枚落ち、6枚落ち、4枚落ち、2枚落ち 変則手合いのトンボ、飛車角渡し、飛車角桂落ち の合計7種類について考えてみました。 ‥‥

「激指4で考える駒落ち」の続きを読む

谷川浩司の将棋指南2 次の一手

1988年3月発売された谷川浩司の将棋指南2をレビューしたいと思います。 当時、ディスクシステムで熱心にやっていた記憶が蘇ります。 対局はファミコンクオリティなので、それほど強くはありません。 が、次の一手は結構難しかったです。 1問100点満点の問題が20問だされて、満点で20 ‥‥

「谷川浩司の将棋指南2 次の一手」の続きを読む